TOP > メディア > グループ > レンタル819から見るライダーのトレンド
グループ
2019/12/13

レンタル819から見るライダーのトレンド

メディア
『オートバイ-カテゴリー編』
 
レンタル819では、開業当初よりレンタルバイクにて全国各地のツーリングを楽しむためのインフラ作りを行っており、13年が経過いたしました。そこで、多くの方にご利用いただいたレンタルバイク実績をもとに、近年ライダーのトレンドをお伝えしようと思います。今回は、ご利用者の年齢層とオートバイのカテゴリーを、5年間のデータと共に紐解きたいと思います。


2015-2019利用者の年齢層

『レンタルバイク』というサービスが、徐々に浸透していくにつれ、利用年齢層にも変化が現れています。20歳から60歳代を5歳きざみで利用分布を見てみると、2015年にある程度均等だった年齢分布も、2019年には、20~29歳と55~60歳代の割合が増加しています。一方、30~49歳の利用数は横ばいで、全体からの割合は減少しており、明らかに『子育て世代』が影響していると考えられます。しかし、子供ができれば趣味の時間を削るのは、本来当たり前の事。今後『子育て世代』に育てられた子供たちが、親の影響を受けてオートバイに乗るという、親から子へのオートバイ文化リレーションがあります。若い世代が現在も、これからも、バイク文化をけん引して行くことが見て取れて、嬉しい実績となりました。
20歳代が けん引役!



2015-2019レンタルバイクのカテゴリートレンド

レンタル819のカテゴリー分布
レンタル819利用者の年齢分布が分かったところで、次に、レンタル819のオートバイカテゴリーに対する利用年齢をご紹介いたします。まずは、カテゴリーの紹介です。レンタル819では全国で3,000~4,000台のレンタルバイクを揃え、全9カテゴリーに分かれます。今回は台数の多いカテゴリー「ネイキッド」「ツアラー」「スーパースポーツ」「アメリカン」「オフロード」「スクーター」にフォーカスします。2015年から2019年のレンタル819カテゴリー分布は、驚いたことに、ほとんど変化がありません。レンタル819では、ほぼ全てのメーカーを揃えておりますが、現在の市場シェアがこの様な結果をもたらしたのだと思います。
レンタルカテゴリーは市場シェア!?

レンタルバイク利用者のカテゴリー分布
次に、各レンタルバイクのカテゴリーに対し、利用者の年齢層別に2015年から2019年で、どのような変化がおきているかを探ります。「ネイキッド」「アメリカン」は、どの年齢層にも安定したシェアがあります。対して「ツアラー」「スクーター」「スーパースポーツ」は、年齢層によるシェアの増減があるようです。スーパースポーツは若い世代にとって、ネイキッドに並ぶ主役の座ですが、年齢が上がるにつれて、他のカテゴリへ分散されています。2015-2019比較では、他のカテゴリへの分散が激しくなっており、5年前とトレンドが変化しているように見えます。最近は、スクーターの旅をメインとした人気TV番組の存在や、キャンプブームからのキャンプツーリングなど、『オートバイで行く○○○』というような、オートバイに体験をプラスするトレンドが主流となってきたようです。
年齢別の利用者カテゴリー

まとめ

今回は、オートバイのカテゴリーに対する年齢の分布をお伝えしました。オートバイメーカーは日々様々なオートバイを開発・展開し、私たちライダーを楽しませてくれます。私たちレンタル819は、これからもお客様にそんなワクワクするオートバイを身近に感じ、そして乗っていただき、心も体も豊かに楽しんでいただけるように努めてまいります。