レンタル819は
「オートバイに乗る人を増やす」活動を実施しております。



オートバイに乗る人を増やす

Rental819は自動車教習所と協力することで、オートバイに乗る人を増やすことに成功しています。 オートバイはとても趣味性が高いので、具体的なオートバイライフを描いていないとなかなか免許取得まで辿り着きません。「時間のある時に取っておこう」という方は非常に少ないのが現状です。

しかし、レンタルバイクという選択肢が出てきたことで、今までの考えは一新されました。 購入しなくても乗れるレンタルバイクは、「一度は乗ってみたい!」と心の中で思っている人たちに「レンタルがあるなら免許取ろうかな!」という動機付けすることができたのです。


二輪免許を取得して交通事故を減らす

自動車教習所では、できるだけ多くの人に二輪免許を取得して欲しいと思っています。 その理由は「交通事故を減らすため」です。 四輪と二輪の両方の免許を取得することで、それぞれの立場でお互いの動きがわかるようになり、確実に交通事故を減らすことができます。

二輪事故の多い事例として・・・

1.左折巻き込み
左折する車と、直進するオートバイとの事故です。 後方から直進するオートバイが、車の死角に入ってしまい起こる事故です。

2.右直の事故
右折する車と、対向車線から直進してくるオートバイとの事故です。 対向車線から直進してくるオートバイが、対向車の後ろに隠れてしまい起こる事故です。

車とバイクの死角

車は左側後ろが死角の為オートバイがいる事に気づきにくく事故が起こりやすくなります。

四輪も含めた複数の免許を所有することで運転技術を向上させ、さらにお互いの動きがわかることで、
最終的には交通事故を未然に防ぐことが可能になると考えます。

 

大型二輪へステップアップ

このページをご覧の方は、すでに大型二輪免許をお持ちの方も多いと思いますが、まだお持ちでない方は、ぜひこの機会に大型へ挑戦してみてください。
挑戦したくても、「大型二輪はパワーがありすぎて・・・」とか「自分には扱いきれないから・・・」などと躊躇している方が多いようですが、大型二輪免許の取得は運転技術の向上になります。 普通二輪の時よりも一本橋を長い時間かけて渡ることや、スラロームをより早く駆け抜けるという課題は確実にスキルアップとなり、自分の身を守ることにつながります。

このように、四輪も含めた複数の免許を所有することで運転技術を向上させ、さらにお互いの動きがわかることで、最終的には交通事故を未然に防ぐことが可能になります。
 

安全運転への取り組みをRental819と協力して行っている自動車教習所
そこでは、卒業後にレンタルバイクが利用できます。

若者のオートバイ離れ?

二輪に限らず、四輪も含め「若者の車離れ」が囁かれています。
確かに新車販売台数は落ち込み、ネガティブな発想になりがちです。しかし、2017年にヤマハ発動機が18〜29歳の若者に実施したアンケートによると、「免許非保有者の」52.6%の方が「オートバイに憧れを持っている」と回答しています。


更に、半数以上の方が憧れを抱いているにも関わらず、免許取得に踏み切れない理由には3つありました。

1.転倒が怖い 82.4%
2.維持費が高そう 76.9%
3.運転が難しそう 74.3%

Rental819と全国教習所の連携施策である「SafetyRideProject」は、 この 3点の不安を解消し、オートバイへの憧れから実体験へとステップアップするサポートを目標にしています。

転倒リスクや運転技能の不安については教習所がサポート、購入や維持費に掛かる障壁をRental819が可能な限りサポートし、一人でも多くの若者に「オートバイに触れる機会を作り、体験して貰いたい」と考えています。
この活動の結果、全国的な免許取得者数は毎年減少しておりますが、参画教習所様の統計では入校生が増加し、毎年多くの新たなライダーがレンタルバイクをステップアップにオートバイを楽しんでいます。
多くの若者にオートバイの魅力を伝え、実際に触れる機会を作り、 共に楽しめる環境を整え、経済的事由等の障壁を極力を解消する事で、 憧れや夢を現実の体験として届ける事ができます。

「若者はオートバイ離れなんかしていない」

私たちはこのように考え、SafetyRideProjectを通じた積極的な活動を全国教習所の皆様と共に推進しています。

安全運転への取り組みをRental819と協力して行っている
自動車教習所を増やしています。

教習所との提携事例

南部自動車学校(三重県伊勢市)
社名:南部自動車学校(三重県伊勢市)

いつでもライダーが集えるスペースを提供するため、既存施設を改装し、2011年10月に「レンタルバイク伊勢」をオープンしました。“卒業したら来校しない”という教習所の在り方を変え、卒業してから、または既に免許を所持している方に来校の機会を作るという新しい教習所のスタイルを創造しています。

また、普通自動車免許取得の教習生にオートバイの楽しさをアピールし、自動二輪免許取得への動機づけに繋げています。実際に、レンタルバイクを始めたことにより二輪の入校性が約40%アップしました。

レンタル819へのFC加盟

レンタルバイクを活用した教習所の取り組み

自動車教習所ではレンタルバイクを最大限に活用した啓発活動を継続的に実施しています。
その一例をご紹介致します。

車両展示

エントランスや教習生の見えるところにオートバイを展示し「触れる機会」を作っています。 四輪免許取得に通う生徒さんに対し、その魅力を伝えることで二輪免許取得のきっかけになっています。 是非教習所で最新のオートバイを確認してみてください。

試乗会イベント開催

すでに二輪免許をお持ちの方が多いですが、大型二輪へのステップアップを検討する方が増えています。 教習所ごとに様々な特典が用意されていますので、ステップアップをご検討中の方はタイミングを合わせてみても良いかもしれません。

また、これから二輪免許を取得する方に対しては「体験入校」を実施しております。
二輪に興味のある方はぜひ体験してみてください。 この試乗会イベントを通じ、毎年多くの新しいライダーが誕生しています。

ツーリング(レッスンツーリング)の実施

せっかく免許を取得しても「ツーリングなどの目的がないと走れない」や「一人では怖くて公道を走れない」という方が多くいらっしゃいます。そんな方々の為に、ツーリング企画を実施したり、初心者でも安心して走れるようなレッスンツーリングを開催しています。 免許取得後も卒業生とのつながりができ、教習所が一つのコミュニティとして機能しています。 所有しているオートバイは勿論、レンタルバイクでも参加が可能です。 この活動を通じ運転技術の向上に努め、ライダーの安全と安心の創生に貢献しています。


 


 


 

警視庁との提携事例

MPDライディングレッスン

安全運転講習

一人でも多くの方に学んでいただきたいとの思いから、オートバイを所有していなくても運転技術とマナーアップが学べるという他に類を見ないシステムで開講しております。